太陽光発電のメリット

自然エネルギーが注目される中で、太陽光発電を導入する家庭が増えています。
それは様々な太陽光発電メリットがあるからです。
第一のメリットは経済性です。
まず電気代を大幅で抑えることができるということです。
自家発電ができるわけですから、当然その分の電気代がかからなくなります。
これが自家発電の最大の魅力です。
経済的な太陽光発電メリットはそれだけではありません。
使わなかった余剰電力がある場合、それを売電することができるのです。
電力会社には余剰電力の買い取りの義務があり、しかも電力会社の電力価格よりも高額な国が定めた価格で買い取ってくれます。
さらに、オール電化住宅と組み合わせることでガス代も抑えることができます。
太陽光発電システムとオール電化の相性は抜群です。
また、夜間には発電できませんので電力会社から電気を買う必要がありますが、夜間の安い「時間帯別電灯契約」をすることで電気代を抑えることができます。
このような太陽光発電システムの導入と、オール電化や「時間帯別電灯契約」などの組み合わせで、さらに経済的メリットがアップします。
第二のメリットは停電や災害時に困らないということです。
震災などが発生したとき、自宅は大丈夫でもライフラインがストップしてしまい生活機能が麻痺してしまうことがあります。
そのようなときでも、太陽光発電があれば少なくとも太陽の出ている昼間の時間帯は安心です。
ただ、太陽光発電システムそのものも電気で動いているので、パワーは落ちます。
第三のメリットは環境に優しい生活が可能ということです。
エコの意識が高い人は、経済的なメリット以上に喜びを感じるかもしれません。
経済的なメリットだけを考えると、初期投資の問題や夜間電力の問題など、どちらが得なのかということばかりで頭を悩ませることでしょうが、エコ生活をしたいと考えている方は、万一経済的な効果がそれほどなかったとしても、CO2削減に協力している満足感があります。
第四に太陽電池モジュールを設置することで、断熱効果が上がります。
太陽電池モジュールが、夏は直射日光を遮ってくれますし、冬は外部への放熱を軽減させる効果があります。