太陽光発電を比較しよう

太陽光発電を導入する家が年々増えています。
それもそのはずで、太陽光発電には数多くのメリットがあり、また各自治体も補助金や電力の高値買取など強力に後押しをし、購入しやすい環境を整備してくれているからです。
太陽光発電を導入するなら、様々な援助制度がある今がお勧めです。
ただ、いざ購入するとなると、いったいどのメーカーの太陽光発電が良いのか、また、どの施工業者から購入・設置を依頼したら良いのか悩むことでしょう。
太陽光発電システムの値段は自動車一台分位はしますので、どこでも良いというものではないのです。
そこで、まずインターネットなどの太陽光発電比較サイトなどを見てみましょう。
すると、たいてい太陽光発電を製造する販売しているメーカーについての一覧が出ています。
メーカー毎に特徴がありますので、説明をよく読み比較しましょう。
そして、予算に合わせて、自宅に一番相応しいメーカーの太陽光発電を選ぶことをお勧めします。
代表的な太陽光発電メーカーを紹介すると、まず太陽光発電のリーディングカンパニーと言えばシャープです。
シャープはいち早く太陽電池の有効性に着目し、1954年に開発に着手しています。
そして1963年には量産化に成功、2000年には太陽電池生産量世界一になっています。
やはり、パイオニアカンパニーとしてのノウハウが蓄積されているのが強みであると言えます。
太陽電池のパイオニアがシャープだとするならば、住宅用太陽光発電システムのパイオニアは京セラです。
京セラが太陽光発電の研究開発に着手したのは1975年のことで、1993年に日本初の住宅用太陽光発電システムの販売を始めています。
また、三菱は人工衛星用の太陽電池などの開発してきた実績と経験から、高い耐久性、信頼性、機能性を誇る太陽光発電システムを作っています。
さらに独自のハイブリッドシステムで、発電効率の高い太陽光発電を販売しているのはパナソニックです。
発電量は業界最高水準にあり、世界各国でパナソニックの太陽光パネルが販売されています。
また、発電量だけに着目した場合、パナソニックをさらに上回るのが東芝です。
ただ東芝独自の太陽光パネルではなくアメリカのサンパワー社製のものを使っています。